読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 日記帳  メンテの限界

メンテの限界でこれ以上トリをHDDにインストールするのは基本的に止めようと思う。

それとも2012年1月のように、メンテはしないでそのままにして置く。

この時には、そのOSは、結局、日常では使用しなく成ったのですが。

1024x768の解像度のSabayonから音声が出なく成っていた。解像度UPの為にいじくり回した影響だと思う。これは、違うトリをインストールした方が良さそう。

DebianUbuntuはUpdateしない、MintはUpdateする。

kernelのVerUpが有ると、1時間は掛かるので、Mintはkernelはレベル5なので

デフォルトで外れていてUpdate出来る。

案として、中古PCでSabayonで解像度UPの物をインストールするには、

ホストMint17 MATE のvirtualboxのゲストとしてインストールする。

そう言えば、最近 無印PCでV-BOXゲストでSabayon MATE 64bitをインストールしたのでUSB-HDDにcopyして、どうなのかを試して見る。

 

distrowatch slackでぐぐって

http://distrowatch.com/table.php?distribution=slackware

デスクトップ環境: Blackbox, Fluxbox, FVWM, KDE, WMaker, Xfce

http://distrowatch.com/?newsid=02361

 

2013-11-07: Distribution Release: Slackware Linux 14.1

2012-09-28: Distribution Release: Slackware Linux 14.0

で変化なしで新しい物は出ていないようです。

14.0と14.1は両方以前は頑張ればMATEをインストール出来ました。

今では、もっと簡単にインストール出来るのでは?と思います。

Slackware Linux 14.0の.isoが今でも落とせるのか不明ですが。

で、mozcが使用出来るのは、以前は14.0のみで、14.1ではNGでしたが

多分状況に変化は無いのでは?と思います。

 

distrowatch openSUSEでぐぐって

http://distrowatch.com/table.php?distribution=opensuse

デスクトップ環境: Blackbox, GNOME, IceWM, KDE, LXDE, Openbox, WMaker, Xfce

http://distrowatch.com/?newsid=08688

2014-11-04: Distribution Release: openSUSE 13.2

2014-05-21: Distribution Release: openSUSE 13.1.1 "Edu Li-f-e MATE"

 

SUSE Linux Enterprise

http://distrowatch.com/table.php?distribution=sle

デスクトップ環境: GNOME, IceWM, KDE, WMaker

これは普通のopenSUSEと、どう違うのか?が分からない。

server用のような感じです。不確かですが。

 

SlackwareopenSUSEはどうもKDEがメインのような感じです。

 

wiki.mateでぐぐって

wiki.mate-desktop.org

http://wiki.mate-desktop.org/download

Slackwareの欄は有りました。

openSUSEの欄も有りました。で

openSUSE MATE Desktop Portal  で

https://en.opensuse.org/Portal:MATE     で

Portal:MATE

The first official community release was MATE 1.6

The openSUSE MATE team is proud to announce the availability of MATE 1.8.1 for openSUSE. Here is how to install it on openSUSE 13.2.

 

We have changed our schema of repositories, to avoid people having to change their repositories for each update. Now there is just one place, X11:MATE:Current . To install it, please replace or add our repository check how to add the repository. Click on the icon and use one click install files. You have to install all 3 :

Version 12.3:

Version 13.1:

Version Tumbleweed:   <ーーこれは何なのか?

openSUSE Tumbleweedでぐぐって

https://ja.opensuse.org/Portal:Tumbleweed    より

(貼り付け開始)

Tumbleweed ディストリビューションとは、純粋な openSUSEローリングリリース版

なお、 Linux カーネルは非常に頻繁に更新されるため、プロプライエタリなグラフィックドライバをお使いの方は、ご自身で最新のソースコードからコンパイルできる知識をお持ちの場合を除いて、 Tumbleweed はお勧めできません。詳しい手順については NVIDIA および ATI 内の "手間のかかる方法" をお読みください。

 

追加のカーネルモジュールについてコンパイル方法をご存じでなく、コンパイルのための手順や回避策などについて学びたくない方の場合は、 Tumbleweed はお使いにならないほうがよいでしょう。

(貼り付け終了)

 

参考で

http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenSUSE

 

openSUSE 13.2 の64bitの.isoを落とそうとしたら4.4GBも有って、このパーテーションの残りは4GB位だったので落とせませんでした。

iso保存庫にはないのか?と思って見たら、古いVerで32bitでした。

構想として、PCを変えてV-BOXで練習をつんでから実機にインストールする。

これで行こうと思います。

で、最初vmware-playerで試したがF2キーの言語設定が機能せず、V-BOXにインストで

F2キーの言語設定が機能してOKでXfce4でインストールしてMATEをインストールしてログアウトでセッション選択でMATEにチェックを入れてMATEに行けたが、画面が緑色で、背景を変える事が出来なかった。openSUSEではMATEは公式では無いとは言えあまりにも酷い出来、唖然、でJDは無いような感じでしたが、ぱっと見なので、不確か。訂正です。JDの64bit用の.rpmは有りました。今download中なので、実際に機能するのかは不明。

機能するのか不明ですがfcitx-mozcは有りました。

思っていた以上に、時代に取り残されているように感じました。

まだ,GNOME2の頃に実機にインストした時の方がマシなように感じました。

この時にはOSをインストールしたら、デフォルトでCompizが効いていて画面の切り替えで

クルクル回っていました。

 

MATEのプルダウンメニューに外観の設定は有りませんでした。

openSUSE13.2は取り敢えず、置いといてopenSUSE 13.1.1 "Edu Li-f-e MATE"

これの.isoを落としてV-BOXで試してみます。がっかりな結果。

と思っていたがDownload link: openSUSE-Edu-li-f-e.i686-13.1.1.iso 

なので32bitのみ有りで、64bitは無いような感じなのでパスです。

どうするか?

distrowatch salixでぐぐって

http://distrowatch.com/table.php?distribution=salix

デスクトップ環境: Fluxbox, KDE, MATE, Openbox, Ratpoison, Xfce

2014-06-01: Distribution Release: Salix 14.1 "MATE"

は有るが、多分これはmozcが使用出来ないと思うのでパスで、

2012-09-28: Distribution Release: Slackware Linux 14.0これの64bitの.isoを落として

Xfce4でインストールしてMATEをインストールしてibus-mozcをインストールする。

今、出来るのか不明ですが。

2012-09-28 か、3年位前の物 Not Found でした。

http://ftp.riken.go.jp/Linux/slackware/slackware-14.0-iso/

上記でdownload中、64bitだったか?何も書いていないので分からない。

32bitの予感。これはV-BOX,vmware-player共にインストール出来なかった。

エラー表示、kernelが無いと言うような表示。

download失敗で落とした.isoが壊れていた可能性も有る。

http://www.cyberciti.biz/open-source/slackware-14-download/

trrento で死んでいるようです。

 

hatenaに最近書いたのですが、何処に書いたのか分からないので、何とここの上の方に書いていました。結果は

中古PCでホストMint17 MATE 64bit でV-BOXゲストでならSabayonの解像度は

UP出来る。

 

V-BOXゲストだと作業し難いのでopenSUSE 13.2     64bitを実機にインストールしようと思いました。ぐぐれば有るのかも知れませんがホストとゲストの共有フォルダを認識させる事が出来ませんでした。