読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 日記帳  中古PC 実機 SATAーー>USB変換器を間にかませたHDD

中古PC 実機 SATAーー>USB変換器を間にかませたHDDに

Mint17 MATE 64bit をインストールで、結果は、これでは実際問題として実用に耐えないので、これからsdbで使用のSSDを取り外して、SATAのHDDとしてsdbで使用でどうなのかを試して見る。

これはHDDがひょっとしたら壊れかけのせいかも知れない。

これは本当のsdaはwin7のHDDですが、PCから切り離して有るので

LinuxをインストールのHDDが本当はsdbなのですが、sdaでPCは認識

SSDは本当はsdcなのですがsdbでPCは認識

で、結論が出ました。HDDがダメである。

SATA直付けでも、OSの起動、アプリの起動が非常に遅い

I/Oエラーが出る事が有る。

ここで、配送されて来たHDDを使用して、例のワンパターンで作る事にする。

ここ最近インストールのOS、2個はマトモにDVDからインストールでしたが。

両方ダメな出来。多分HDDがダメだと思う。

構想として

PCのタップSWをOFFで配送されて来たHDDを取り付けてgpartedのCDから起動で配送されて来たHDDをFormatして500GB、500GB、拡張領域、

swap 8GB、200GB、残りNTFSで500GB、500GBにMint17 MATEをcopyする

で、HDDから起動でMint17 MATEを起動で例のワンパターンの一部省略の作業をして、sdb1、sdb2が関係。manjaroを起動で

$ sudo update-grub

これで行けるハズ。

manjaroで先ほど似たような事をしたらHDDが悪かったせいなのかHDDにインストールのOSをマウント出来なくて中を見る事が出来なかったので、ここは安全策でMint17 MATEを起動で行く。(これは例のワンパターンの作業の時に)

2015-07-30 追記

これはUbuntuで例のワンパターンの作業の方がいいのかも知れない、Mint17で作業では途中までUUIDが同じなのでPCが混乱するようです。

こう言う時の為にはやはり1台のHDDにMint17は2個インストールしておく。

2015-07-30 追記終わり

 

hatenaの仕様変更で書く部分が狭く成った、BからAは見出しで新たに追加された7個のアイコンの横でいいのでは?と思う。

 

 

参考http

http://882323836.hatenablog.com/entries/2014/09/26