雑記 日記帳  Sparky5.3 MATE 64bit today install no update condition

Sparky5.3 MATE 64bit today install no update condition

fcitx-mozcをどうにかインストールで日本語書き込みがOKに成った

これは以前インストールしたSparky5.3 MATE 64bitのホームに qupzilla関連 と言うフォルダが有って中に

libqupzilla1_1.8.9~dfsg1-3.1_amd64.deb  と

qupzilla_1.8.9~dfsg1-3.1_amd64.deb  が有ってマウスのgdebi展開でインストール出来ました。

clamtkが依存関係でslimjet、streamtunerが削除なのでインストール出来ない

clamavならいいか?と試したが同様でNG、他パテのOSを起動でそのclamtkを使用してウイルス検査する予定。

Braveが起動しない、コーデックを追加でqutebrowserはqutebrowser_0.10.1-1_all.debでは起動しなく成ったのでqutebrowser_1.1.1-1_all.debでインストール。

pulseaudioを完全削除する為にsynapticでmozoとmate-coreをインストールしてから

wiki mate install  でぐぐって

http://wiki.mate-desktop.org/download    より端末で

$ sudo apt-get install mate-desktop-environment-extras    
synapticでpulseaudioを完全削除してPC再起動。

よって以下不要
******************************************************** 

# dpkg -i qupzilla_1.8.9~dfsg1-3.1_amd64.deb
以前に未選択のパッケージ qupzilla を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 141472 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
qupzilla_1.8.9~dfsg1-3.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
qupzilla (1.8.9~dfsg1-3.1) を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により qupzilla の設定ができません:
 qupzilla は以下に依存 (depends) します: libqt5script5 (>= 5.6.0~beta) ...しかし:
  パッケージ libqt5script5 はまだインストールされていません。
 qupzilla は以下に依存 (depends) します: libqt5sql5 (>= 5.0.2) ...しかし:
  パッケージ libqt5sql5 はまだインストールされていません。
 qupzilla は以下に依存 (depends) します: libqt5webkit5 (>= 5.6.0~rc) ...しかし:
  パッケージ libqt5webkit5 はまだインストールされていません。
 qupzilla は以下に依存 (depends) します: libqupzilla1 (= 1.8.9~dfsg1-3.1) ...しかし:
  パッケージ libqupzilla1 はまだインストールされていません。
 qupzilla は以下に依存 (depends) します: libqt5sql5-sqlite ...しかし:
  パッケージ libqt5sql5-sqlite はまだインストールされていません。

dpkg: パッケージ qupzilla の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
desktop-file-utils (0.23-2) のトリガを処理しています ...
mime-support (3.60) のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme (0.17-1) のトリガを処理しています ...
man-db (2.8.2-1) のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
 qupzilla
root@piyo#

雑記 日記帳  win7 cpu温度

win7 cpu温度     でぐぐって

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10109460375

https://openhardwaremonitor.org/

OpenHardwareMonitor.exe - ショートカット

 

雑記 日記帳  2018-03-09でBased on: Debian (Unstable)でのaqualungインストール方法

2018-03-09でBased on: Debian (Unstable)でのaqualungインストール方法

Debian9の公式が出たのは

Debian - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Debian より

9.0 stretch[5] 2017年6月17日 10 1 ~ 51000 2020年予定[35] 2022年予定[35] なので

今ではtesting派生と思われる、しかしリポを見たら

/etc/apt/sources.list.d/debian.list   で

deb http://deb.debian.org/debian/ unstable main contrib non-free  なので

Updateすればsid派生に成る

openSUSE

https://software.opensuse.org/package/     <---これは参考用

https://software.opensuse.org/package/aqualung        で

Unsupported distributions   のShow をクリックで

Debian:Next の Downloadをクリックだったと思う、もう覚えてはいない

下記URLは直リンでaqualung_1.0-2~obs_amd64.deb が落ちて来る、今は、未来はどうかは不明

http://ftp.gwdg.de/pub/opensuse/repositories/home:/stevepassert:/debian-testing-multimedia/Debian_Testing/amd64/aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb

よりaqualung_1.0-2~obs_amd64.debを落として

端末で

# dpkg -i aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb  で

以前に未選択のパッケージ aqualung を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 219362 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb を展開する準備をしています ...
aqualung (1.0-2~obs) を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により aqualung の設定ができません:
 aqualung は以下に依存 (depends) します: libifp4 ...しかし:
  パッケージ libifp4 はまだインストールされていません。
 aqualung は以下に依存 (depends) します: liblrdf0 (>= 0.4.0-1.2) ...しかし:
  パッケージ liblrdf0 はまだインストールされていません。
 aqualung は以下に依存 (depends) します: liboggz2 (>= 1.1.0) ...しかし:
  パッケージ liboggz2 はまだインストールされていません。

dpkg: パッケージ aqualung の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
desktop-file-utils (0.23-2) のトリガを処理しています ...
bamfdaemon (0.5.3-2+b1) のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf-2.index...
mime-support (3.60) のトリガを処理しています ...
man-db (2.8.2-1) のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
 aqualung
root@piyo#

synapticでlibifp4liblrdf0liboggz2をインストールして再び

# dpkg -i aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb
以前に未選択のパッケージ aqualung を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 219390 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb を展開する準備をしています ...
aqualung (1.0-2~obs) を展開しています...
aqualung (1.0-2~obs) を設定しています ...
desktop-file-utils (0.23-2) のトリガを処理しています ...
bamfdaemon (0.5.3-2+b1) のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf-2.index...
mime-support (3.60) のトリガを処理しています ...
man-db (2.8.2-1) のトリガを処理しています ...
root@piyo#

でインストール出来てプルダウンメニューに表示でcinnamonの画面にショートカットを作って

画面のQjackCtl-48k-256-3のアイコンをクリックでqjackctlを起動で画面のAqualung Music Playerのアイコンをクリックでaqualungが起動で機能しました、音楽ファイルを読み込み、音声が出ています。おめでとうございます。

**************************************************************

Debian testing派生のSparkyLinux 5.3 MATE 64bitで

aqualung公式から落としたと思われるaqualung-1.0.tar.gzをマウスでtar展開でbuildでインストールして/usr/local/に出来たと思われるaqualungが有ってこれは起動してplayerの画面は出るが音楽ファイルを読み込まなくて音声が出ない、で管理者権限で/usrでaqualungで検索でaqualungフォルダが2個とファイルとアイコンの絵が表示でaqualungフォルダが2個は/usr/local/だったのでaqualungフォルダが2個とファイルとアイコンの絵を全て削除で再起動で

# dpkg -i aqualung_1.0-2~obs_amd64.deb  で~/.config/aqualungフォルダをリネイムでaqualung-motoフォルダにしてからsid派生から~/.config/aqualungフォルダをcopyでこれはプルダウンメニューに表示でMATE画面にショートカットを作ってこれは起動してplayerの画面は出て音楽ファイルを読み込み音声が出ました。おめでとうございます。

(これはsynapticでlibifp4liblrdf0liboggz2をインストールする事無くインストール出来た。synapticを見たらこれら3個はインストール済みだった)

システムアップグレード remsu /usr/bin/sparky-aptus-upgrade を使用したのが失敗

ここは地道にsynapticが正解だった、動かないアプリ、消されたアプリが発生した。

もう一回インストールする気は今のところ無い、gpartedでcopyを取っておくのが正解、最悪ext4のデーター保存庫として使用する

※CentOS7と同様に無駄な事はせずに最短コースでやるとアプリが起動して機能する場合が多い

雑記 日記帳   中古PCのCPU冷却ファン  part2

中古PCのCPU冷却ファン  part2

USB電源供給のファンコンを購入で お試し中

ConkyのCPU温度表示は必須 MATEならパネルにCPU温度表示のアプレットでも可かな?

F10キーを押してBIOSの設定でF1キーを押す必要が無いと思われる設定にして保存でPC再起動でもF1キーを押す作業手順が増えた 

注文して配送されて来た低速回転ファンのコネクターはやはりマザボのオスピンにセット出来なかったマザボのオスピンのガイドが大き過ぎで邪魔をしているので、これをカットは困難なので使用するなら低速回転ファンのメスコネクターのガイドの端部では無い方をニッパーでカットする必要が有る、カッターナイフも必要かも?

メーカーのこんな企業防衛的な互換性の無いローカル規格は止めて欲しい

でスピコンでボリュームMAXでは音が大きいので、デフォのファンのままで行く事にした

可能性でデフォのファンの回転数の信号を送る事が出来ない事も考えられえる、センサーが故障で

--------------------------------------

大きさは92x92x25 4ピン メスのはずですが90x90x25で表示かも?

こんな部品に金を掛けるより新しい良い中古PCを購入の方が正解

ですがnetで良い中古PCかどうか見分けるのは困難、高価格なら確実性がUPなのかな?

-------------------------------------

$ sudo apt-get install lm-sensors

# sensors-detect

# sensors-detect revision 6284 (2015-05-31 14:00:33 +0200)
# System: Hewlett-Packard HP Compaq 8100 Elite SFF PC
# Board: Hewlett-Packard 304Ah

中略

This program will help you determine which kernel modules you need
to load to use lm_sensors most effectively. It is generally safe
and recommended to accept the default answers to all questions,
unless you know what you're doing.

Some south bridges, CPUs or memory controllers contain embedded sensors.
Do you want to scan for them? This is totally safe. (YES/no):Enterキー
Module cpuid loaded successfully.
Silicon Integrated Systems SIS5595... No
VIA VT82C686 Integrated Sensors... No
VIA VT8231 Integrated Sensors... No
AMD K8 thermal sensors... No
AMD Family 10h thermal sensors... No
AMD Family 11h thermal sensors... No
AMD Family 12h and 14h thermal sensors... No
AMD Family 15h thermal sensors... No
AMD Family 16h thermal sensors... No
AMD Family 15h power sensors... No
AMD Family 16h power sensors... No
Intel digital thermal sensor... Success!
(driver `coretemp')
Intel AMB FB-DIMM thermal sensor... No
Intel 5500/5520/X58 thermal sensor... No
VIA C7 thermal sensor... No
VIA Nano thermal sensor... No

Some Super I/O chips contain embedded sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no):
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor/ITE'... No
Trying family `SMSC'... Yes
Found `SMSC SCH5317 Super IO' Success!
(address 0x480, driver `smsc47b397')
Probing for Super-I/O at 0x4e/0x4f
Trying family `National Semiconductor/ITE'... No
Trying family `SMSC'... Yes
Found unknown chip with ID 0x0b00

Some systems (mainly servers) implement IPMI, a set of common interfaces
through which system health data may be retrieved, amongst other things.
We first try to get the information from SMBIOS. If we don't find it
there, we have to read from arbitrary I/O ports to probe for such
interfaces. This is normally safe. Do you want to scan for IPMI
interfaces? (YES/no):
Probing for `IPMI BMC KCS' at 0xca0... No
Probing for `IPMI BMC SMIC' at 0xca8... No

Some hardware monitoring chips are accessible through the ISA I/O ports.
We have to write to arbitrary I/O ports to probe them. This is usually
safe though. Yes, you do have ISA I/O ports even if you do not have any
ISA slots! Do you want to scan the ISA I/O ports? (yes/NO):

Lastly, we can probe the I2C/SMBus adapters for connected hardware
monitoring devices. This is the most risky part, and while it works
reasonably well on most systems, it has been reported to cause trouble
on some systems.
Do you want to probe the I2C/SMBus adapters now? (YES/no):
Sorry, no supported PCI bus adapters found.
Module i2c-dev loaded successfully.

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0000 (i2c-0)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0001 (i2c-1)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0002 (i2c-2)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0005 (i2c-3)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0006 (i2c-4)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0007 (i2c-5)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0008 (i2c-6)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-bus-0009 (i2c-7)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-aux-000a (i2c-8)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-aux-000b (i2c-9)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-aux-000c (i2c-10)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):

Next adapter: nvkm-0000:01:00.0-aux-000d (i2c-11)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively):


Now follows a summary of the probes I have just done.
Just press ENTER to continue:

Driver `smsc47b397':
* ISA bus, address 0x480
Chip `SMSC SCH5317 Super IO' (confidence: 9)

Driver `coretemp':
* Chip `Intel digital thermal sensor' (confidence: 9)

To load everything that is needed, add this to /etc/modules:
#----cut here----
# Chip drivers
coretemp
smsc47b397
#----cut here----
If you have some drivers built into your kernel, the list above will
contain too many modules. Skip the appropriate ones!

Do you want to add these lines automatically to /etc/modules? (yes/NO)yes
Successful!

Monitoring programs won't work until the needed modules are
loaded. You may want to run '/etc/init.d/kmod start'
to load them.

Unloading i2c-dev... OK
Unloading cpuid... OK

#

 

$ sensors
smsc47b397-isa-0480
Adapter: ISA adapter
fan1: 0 RPM
fan2: 0 RPM
fan3: 1252 RPM
fan4: 0 RPM
temp1: +31.0°C
temp2: +33.0°C
temp3: +24.0°C
temp4: -128.0°C

nouveau-pci-0100
Adapter: PCI adapter
GPU core: +0.90 V (min = +0.90 V, max = +1.11 V)
temp1: +36.0°C (high = +95.0°C, hyst = +3.0°C)
(crit = +105.0°C, hyst = +5.0°C)
(emerg = +135.0°C, hyst = +5.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0: +28.0°C (high = +83.0°C, crit = +99.0°C) <ーーカッコの中が高すぎ 下側全て
Core 1: +28.0°C (high = +83.0°C, crit = +99.0°C)
Core 2: +28.0°C (high = +83.0°C, crit = +99.0°C)
Core 3: +28.0°C (high = +83.0°C, crit = +99.0°C)

:~$

 

雑記 日記帳   中古PCのCPU冷却ファンが常時高速回転で騒音 でCMOSクリア お試し中 結果は悪いまま 

中古PCのCPU冷却ファンが常時高速回転で騒音 でCMOSクリア お試し中 結果は悪いまま
HP Compaq 8100 Elite
これは午前5時頃PCのCPU冷却ファンが高速回転で騒音に成った、PCはOFFだと思ったが、完全にOFFしていなかったのか? 予想でチップセットが壊れた。中古PCは配送されて来た時からPC本体のD-sub15ピンからビデオ信号は出ていなかった、ここに液晶ディスプレイを接続では画面は真っ黒だった。
# sensors でファンの回転数は1個のみ表示、以前は3個は表示だと思う
 
1日掛けるのがいいのですが、待ちきれず6時間でやって失敗
22時間でやって失敗  PCが故障なのかも?
 
やり方はHPのPCのBIOS設定は実に分かり難いのですが
intel vt-x 有効化    でぐぐって
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8924346.html

http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=029608

下記は重要  下記を大いに参考にして作業しました。
http://h30434.www3.hp.com/t5/Desktop-Hardware/How-to-Enable-Intel-Virtualization-Technology-vt-x-on-HP/td-p/3198063

http://h20564.www2.hp.com/hpsc/swd/public/readIndex?sp4ts.oid=4098511&swLangOid=25&swEnvOid=4060
Microsoft Windows 7 Enterprise (64-bit)   

BIOS (4)
説明     現在のバージョン     サイズ (MB)     旧バージョン     ダウンロード <ーーこれをdownloadしました。sp69697.exe
HP Compaq Business Desktop ME Firmware for (786H1)     6.2.60.1066 A
6 11 2014     3.8     6.2.10.1027 Rev. A
30 12 2011    
HP Compaq Business DesktopシステムBIOS (786H1 BIOS)   システムソフトウェアマネージャーアイコン     1.13 Rev. A
14 7 2011     12.6     1.09 Rev. A
1 6 2011    
ビジネスデスクトップBIOSユーティリティ     4.02 Rev. A
14 3 2011     0.31          
HP Compaq Business Desktop System BIOS (786H1 BIOS)   システムソフトウェアマネージャーアイコン     1.05 Rev. A
9 7 2010     12.5     1.04 Rev. A
21 5 2010    

使用中のWindowsオペレーティングシステムが32ビットかまたは64ビットであるかは、どのように判別しますか?
    Windows エクスプローラーを開きます
    [コンピューター]を右クリックします
    [プロパティ] を選択します
    [システムタイプ]を見つけ出すために、[システム]の見出しをさがします

64ビットシステムの場合は次のように表示されます: 「64ビットオペレーティングシステム

これでやって配送されて来た「中古PC」WIN7の64bitのOSだと判明。

HP Compaq 8100 Elite シリーズ - SP50927 BIOSアップデート手順
http://h20564.www2.hp.com/hpsc/doc/public/display?docId=emr_na-c02665424&lang=ja&cc=JP
上記httpを見てBIOSのVerをUPする作業をしましが、実際にVerがUPしたのか不明。
HPのPCは実に分かり難いです。 注、これは後でBIOSのVerをUPした。

これはそれほど重要でも無い
http://h20564.www2.hp.com/hpsc/doc/public/display?docLocale=null&docId=emr_na-c03662869

参考で
http://h20564.www2.hp.com/hpsc/doc/public/display?docId=emr_na-c02050045&lang=ja&cc=JP

http://futurismo.biz/archives/1647-3

結論としてこの「中古PC」を扱うには手間が非常に掛かる。
 
F10キーを連打でBIOSを起動して日本語で作業した

これが正解が不明ですが下記のようにしました。
セキュリティ>システムのセキュリティ> 上から順に
データ実行抑止モード                  有効
仮想化技術                     有効  <ーーー重要
I/O仮想化技術 (VTd)                      有効
Trusted Execution Technology            無効   <ーーー重要
Embedded Security Device Support      有効
内蔵セキュリティ デバイスのOS管理                        無効

これらは→矢印キーを押す毎に有効、無効に成ります。


驚いた事に工場出荷時のデフォルトに設定ではゲストで64bitがNGだと言う事です。

何と言う、腐った仕様、あきれてしまいました。

雑記 日記帳 Brave Web Browser part2

Brave Web Browser part2

/browser-laptop

Release Channel v0.22.810

https://github.com/brave/browser-laptop/releases/tag/v0.22.810dev

Assets

 --------------------------------------------------------------------------------------------

/browser-laptop

https://github.com/brave/browser-laptop/blob/master/docs/linuxInstall.md

雑記 日記帳 palemoon  Web Browser 

palemoon  Web Browser 

転載OKのドットscより

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/linux/1494847856/55

(貼り付け開始)

palemoon
以下Ver27.9.0はインストール済みで日本語化されていた場合で有る
https://www.palemoon.org/
で Download (Linux desktop)ボタンをクリックで
http://linux.palemoon.org/
Installation:
Installation, uninstallation and updates can be managed using the pminstaller tool.
pminstaller tool.をクリックで
http://linux.palemoon.org/download/installer/
Download links:
Download tar.bz2 (direct download) をクリックで
pminstaller-0.2.4.tar.bz2 が落ちて来る
インストール済みのpalemoonはsynapticで完全削除してから
pminstaller-0.2.4.tar.bz2をホームに実験-palemoon フォルダを作って中に入れてマウスでtar展開で
pminstaller.sh が出て来る、これをホームにコピペしてマウスでダブルクリックで実行をクリックで
一番上のメニューを選択でクリックでパスワードでインストールされる。
Ver 27.9.2(64bit)

(貼り付け終了)

Debian sid派生では本体は/optに出来る 2018-06-09追記

上記のやり方では例の場所に.debは出来ていない

***************************************************************************

別なやり方

https://software.opensuse.org/download.html?project=home%3Astevenpusser&package=palemoon

より

Add repository and install manually

For Debian Testing run the following as root:
echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/home:/stevenpusser/Debian_Testing/ /' > /etc/apt/sources.list.d/home:stevenpusser.list
apt-get update
apt-get install palemoon
You can add the repository key to apt. Keep in mind that the owner of the key may distribute updates, packages and repositories that your system will trust (more information). To add the key, run:
wget -nv https://download.opensuse.org/repositories/home:stevenpusser/Debian_Testing/Release.key -O Release.key
apt-key add - < Release.key
apt-get update
For Debian 9.0 run the following as root:
echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/home:/stevenpusser/Debian_9.0/ /' > /etc/apt/sources.list.d/home:stevenpusser.list
apt-get update
apt-get install palemoon
You can add the repository key to apt. Keep in mind that the owner of the key may distribute updates, packages and repositories that your system will trust (more information). To add the key, run:
wget -nv https://download.opensuse.org/repositories/home:stevenpusser/Debian_9.0/Release.key -O Release.key
apt-key add - < Release.key
apt-get update
For Debian 8.0 run the following as root:
echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/home:/stevenpusser/Debian_8.0/ /' > /etc/apt/sources.list.d/home:stevenpusser.list
apt-get update
apt-get install palemoon
You can add the repository key to apt. Keep in mind that the owner of the key may distribute updates, packages and repositories that your system will trust (more information). To add the key, run:
wget -nv https://download.opensuse.org/repositories/home:stevenpusser/Debian_8.0/Release.key -O Release.key
apt-key add - < Release.key
apt-get update
------------------------------------------

https://wiki.debian.org/SecureApt