読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 日記帳  構想として 今のジェンツーペンギン part3 中古PC V-BOXゲスト LXDE genkernel使用、dhcpcd使用、systemdは使用しない

下記は、いつものように失敗の作業なので読む必要は有りません。自分用メモです。

構想として 今のジェンツーペンギン part3

今回は中古PCでV-BOXゲストで 

genkernel使用、dhcpcd使用、systemdは使用しない、 でインストール、

これで行こうと思います。

V-BOXゲストで64bitでCPU4個メモリ4GBswap4GB、HDD全体で48GB 割当で

Mint17とのデュアルブート構成 

作業の前工程    

で、日数が経たのでgpartedでGentooのsda1をext4でformat、sda3をext4でformatこれで行く事にする。

sda1  /boot ext4     200MB   
sad2  swap linux-swap   4GB     3GBを4GBに変更
sad3  /   ext4     29GB ぐらいで確保。で終了。

Mint17のパテは動かさない。

ここからが作業の開始です。
V-BOXで設定>ストレージでCDをinstall-amd64-minimal-20150611.isoに変えて起動。
キーボードは22のjapanを選択する。下記のtarの日付は修正していないので、

適宜読み替えて下さい。

作成したファイルシステムをマウント
# mount /dev/sda3 /mnt/gentoo/
# mkdir /mnt/gentoo/boot      
# mount /dev/sda1 /mnt/gentoo/boot

# swapon /dev/sda2        <ーー追加した。念の為。

# date  <ーーーー単なる確認。

stage3の導入

# cd /mnt/gentoo

下記は実際にはホストのMint17で落として、ゲストのMint17を起動で共有フォルダを有効にして、ゲストのMint17のホームにcopyして、管理者権限でジェンツーペンギンのsda3にstage3-amd64-なんとか.tar.bz2をcopyで貼り付けた。
# links www.gentoo.org/main/en/mirrors.xml   <ーー2回目はここは不要と思う。

IIJで落とした。まず↓矢印キーでJAPANで ↓矢印キーで
releases > amd64 > autobuilds > 20140619 >stage3-amd64-20140619.tar.bz2

Tabキーでyes、no Enterキーを押してdownloadが開始される。
落としたらEscキーと↓矢印キーでExitでEnterキーを押して抜けて
# ls    でdownloadした物の色が赤で表示か確認の事、白色だとマズイです。

http://882323836.hatenablog.com/entry/2015/05/24/202515   より
#tar xvjpf stage3-*.tar.bz2 --xattrs    が最新の感じ。
ここでmake.confの編集の作業をする。CFLAGS="これは後で考える。
ソース4より
# nano /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf  
(下記のように変更) 
CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"
MAKEOPTS="-j5"
以下参考用
CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"  # -march=nativeを追加 
CFLAGS="-O2 -pipe -march=native" # -march=nativeを追加
CFLAGS="-march=native -O2 -pipe"         vmware
CFLAGS="-O2 -pipe -march=native"         KVM
CFLAGS="-march=core2 -O2 -pipe"  ソース2  O2のOはゼロなのか?オーなのか?
CFLAGS="-O2 -march=k8-sse3 -pipe"  ソース1 これらを見るとゼロだと思う。
多分オーだと思う。<ーーここが最新
MAKEOPTS="-j5" # この行を追加(数字はCPU数+1) 過去メモを見ると
これを追加すると最終的に表示でgrub>_でマズイで終わるような感じ、
 
必要なファイルを更新して chroot でインストール環境に入ります。
ネットワーク設定のコピー

# cp -L /etc/resolv.conf etc/  <ーーこれが 必要なファイルを更新 と思う。chroot環境に入る

# mount -t proc proc proc/  <ーーこれが正解。  以前はproc none proc/

# mount --rbind /sys/ sys/  <ーー仕様変更で追加された
# mount --rbind /dev/ dev/

# chroot . /bin/bash  <ーーーここはchroot スペース ドット スペース /bin/bash なので注意の事。
# env-update   <ーーこれは仕様変更で不要に成った。
# source /etc/profile
# export PS1="(chroot) $PS1"  

# emerge-webrsync     <ー今回、新たに追加、 wikiとソース4より
# emerge --sync    <ーーwikiではここで作業。

# eselect profile list          <ーーここをA地点とする。

Available profile symlink targets:
[1] default/linux/amd64/13.0
[2] default/linux/amd64/13.0/selinux
[3] default/linux/amd64/13.0/desktop    <ーーこれにする。
[4] default/linux/amd64/13.0/desktop/gnome
以下略

# eselect profile set 3 

カーネルコンパイル genkernelで   下記以下水色は2回目。
# emerge --sync     <ーーA地点から作業の時には作業した。
# emerge gentoo-sources <ーーここから以下よくなさそうな表示、期待薄。
# emerge genkernel    
# genkernel all   <ーーここも結構時間が掛かる。よく見ていなかったので掛かった時間は不明。  30分位か。



fstabの編集
# nano /etc/fstab               
/dev/sda1 /boot ext4 noauto,noatime 1 2
/dev/sda3 /   ext4 noatime     0 1
/dev/sda2     none swap sw      0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom auto noauto,ro 0 0
#/dev/fd0 /mnt/floppy auto noauto    0 0   <ーーー#を付加した。

時刻の設定

# echo "Asia/Tokyo" > /etc/timezone ここで"を1個抜かした場合は"を打ち込む

# emerge --config timezone-data


言語設定
# nano /etc/locale.gen           <ーー今ここ

en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8

# locale-gen  
# eselect locale list  
# eselect locale set 4  <ーーここの数値は画面をよく見て打込みの事。
# env-update  
# source /etc/profile    
# export PS1="(chroot) $PS1"    <ーーー今ここ
ホストネーム設定
# nano /etc/conf.d/hostname  
hostname="Gentoo Linux"
   <ーーー今ここ

ネットワーク設定
# ifconfig                      
アダプタ名を確認。メモに書き込む。今回はenp0s3だった
.xxx.yyy と.xxx.は# ifconfigの表示を書き込んだメモを見て打ち込んで下さい。

1.8  1.255   1.105  1.255

# nano /etc/conf.d/net

以下を追記
config_enpなんとか="dhcp"  なんとか とはこの場合 0s3つまり
config_enp0s3="dhcp"       と言う事。
# ln -s /etc/init.d/net.lo /etc/init.d/net.enp0s3 <ーーーこれでする
# rc-update add net.enp0s3 default <ーーどうなのか不明だが類推で。

# rc-update add sshd default  <ーーここでsshdをデフォに設定のようです。

キーマップの設定     
# nano /etc/conf.d/keymaps      デフォは
us
keymap="jp106"       

パスワード更新
# passwd         文字化けで何がなんだか分からない。

# nano /etc/conf.d/hwclock        デフォはUTC

clock="JST"

syslogとcronをemergeする
# emerge syslog-ng          
# rc-update add syslog-ng default  

# emerge cronie         
# rc-update add cronie default   
# emerge dhcpcd          
ブートローダーの設定
# emerge grub                
# grub2-install /dev/sda             
# grub2-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg     <ーー今ここ
chrootから抜ける
# exit        
アンマウント
# umount -l dev/      <ーーーー仕様変更で不要に成ったような感じ。
# umount -l proc/
     <ーーーー仕様変更で不要に成ったような感じ。 

この辺りで仮想マシンからminimalCDを外しておく   <ーーーー重要!!やったら出来た。直にではなくて一番右端で作業の事。今読むとどんな作業なのかが分からない。V-BOXゲストの場合は本体側の設定をクリックで>ストレージ  のような感じ。
# reboot  <ーーーこれが出来なかった。エラー表示でした。
V-BOXの上側のメニューの仮想マシン>閉じる  で強制的に終了した。
再起動で。

root

パスワード

一般ユーザーhogeの作成   ソース4より

# useradd -m -G users,wheel,audio -s /bin/bash ユーザー名 
# passwd ユーザー名   ここもだが文字化けで何がなんだか分からない。
# emerge sudo 
# EDITOR=nano visudo の方がいいと思う。機能しました。パス不要も追加した。
以下の行のコメントを外す  
%wheel ALL=(ALL) ALL
感想としてこの方が昔のコマンドに似ている。
上記のパス不要とはパスワード打ち込み不要設定の事。
ここからは一般ユーザーで実行。exitでそうしたのか? そのようです。
 
上記よりも昔の方法で
一般ユーザーの作成     つまり ソース1より
# useradd ユーザー名 -d /home/ユーザー名    
# cd /home
# mkdir ユーザー名  
# chown -R ユーザー名:ユーザー名 ユーザー名
# passwd ユーザー名    
# emerge sudo    <ーーここは既にemergeしていたので抜かした。
# groupadd sudo        
# visudo   <ーーここは# EDITOR=nano visudoで作業した。
# EDITOR=nano visudo
%sudo ALL=(ALL) ALL
パスワード打ち込み不要設定も追加した。
# usermod -G sudo ユーザー名      
 
下記コマンドは打ち込む必要が有るのか?
$ sudo emerge flaggie       
# emerge flaggie
$ sudo emerge world --emptytree --quiet-build  参考で353個 8:43-13:49
上記コマンドは時間が掛かるのでパス。こんなんで出来るのかは不明。
以下コマンドは ソース5より
# emerge --update --deep --newuse @world <ーーこれを何処かに置く
甘い考えでゲストではその必要は無いのかも知れない。
これは作業するとしたら位置は最後?かなと思う。
で、下記の様にmake.confを2回に分けて打ち込むのが今の仕様なのか?
以前wikiは見たが、ブランクが有るので忘れた。
以下 ソース1より
# nano /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf  <ーーこれはドジった。
# nano /etc/portage/make.conf       <ーーこれが正解。
INPUT_DEVICES="keyboard mouse virtualbox"   
VIDEO_CARDS="virtualbox"
LINGUAS="ja"
2回目は下記コマンドを作業した。
# emerge --update --deep --newuse @world <ーー今ここ  この位置がいいのか?
Failed to emerge x11-drivers/xf86-video-virtualbox-4.3.28
の表示で終了。  <ーー今ここ 2回目
# emerge app-misc/screen    <ーーここをB地点とする。
# emerge dev-vcs/git    143個 非常に時間が掛かる 2時間??
いつの間にか知らない間に画面が小さく成っていました。縦10cm 横18cm位
# emerge lxde-meta     70個  <ーー今ここ 22:32〜23:03
# emerge xorg-x11  <ーー5月に実機にインストを試みた時にはここでNG
これはズルズルと切りが悪いので行ってしまいそうなパターン
             100個  <ーー今ここ 23:04〜23:33
で、Failed to emerge の文字列でここで
# emerge --update --deep --newuse @world  13個 23:48〜23:58
再び
# emerge xorg-x11
# emerge app-misc/screen
# emerge dev-vcs/git
# emerge lxde-meta
# emerge xorg-x11 

# emerge virtualbox-guest-additions   <ーーこれは効能が無いので

# emerge lxdm                      
# emerge twm                         
# emerge xf86-input-evdev                        
# nano /etc/conf.d/xdm                        
DISPLAYMANAGER="lxdm"                         

# nano /home/ユーザー名/.xinitrc                    
exec startlxde                             
# rc-update add dbus default                      
# rc-update add xdm default                      
# emerge --update --deep --newuse @world <ーーこれはこの位置なのか?
後で考える。この位置では無い。
# reboot
で、CUI画面が表示でした。
# emerge world --emptytree --quiet-build  524個を今実行中
8-3 0:59〜05:42   ERROR x11-drivers/xf86-video-virtualbox-4.3.28
emake failed  の表示有り
これはダメだな、どうするか? 再びA地点からやってみる。
# nano /etc/portage/make.conf で内容を確認

これで仮想マシンの電源を投入するとLXDMでログインしてLXDEの画面が出てきた。
こう成って欲しい物です。
****************
で、どうするか? 6月のV-BOXゲストでチャレンジをよく読み返す。
****************


ソース 1
VirtualBoxGentoo/Linuxのインストールしたときのメモ 2014-05-28
http://k-side.hatenablog.jp/entry/2014/05/28/171801 

ソース 2
Gentoo Linux x86_64 on VMware Player on Windows 7 構築メモ [その1]
2011 年 1 月 17 日
http://blog.chira-ura.info/2011/01/17/543

ソース4

GentooVMWareにインストールしてみた | Aruneko的PCのような何か

http://www.aruneko.net/archives/1189         

 

ソース5

KVMGentoo(systemd) をインストールした

http://blog.gomasy.jp/9.html